浪費型 不況型 借金

浪費型と不況型の借金

日本人は学校でお金の勉強をあまりしません。
子供にお金の話をするのはタブーとされているからです。

 

しかし、それにより大人になって借金の仕組みを理解せずにお金を借りてしまう人が多いです。

 

返済計画が甘い借り入れやギャンブルによる借金を「浪費型」の借金と言います。

 

これに対して、景気の低迷による減給やリストラ、会社の倒産などによってもたらされる借金を「不況型」と言います。

 

どちらも同じ借金ですが、後者は非常に同情します。
そして今は、浪費型の借金よりも不況型の借金が多くみられます。

 

景気が良いときに借りた住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの固定費が生活を圧迫します。
給料は簡単に上がらないのに、増税のペースだけは早いですね。

 

子供の頃にローンの仕組みを知っていれば、もっとお金をかりることにもっと慎重になったのにと悔やまれます。

 

もしローンの返済計画に無理が生じたのであれば、速やかに銀行や金融機関に相談しましょう。
それでも解決しない場合はお金の専門家に相談しましょう。

トップページ > 住宅ローンの返済ができないときはこれ!