住宅ローン 返済 できない

住宅ローンの返済ができないときはこれ!

 

住宅ローンの返済が今まで通りできそうにない。

 

住宅ローン 返済できない

 

住宅ローンは、多くの方が35年ローンで返済します。

 

35年もあったら、病気やけが、急な出費、給料の減額、ボーナスカットなどいろいろなことがあってもおかしくないです。

 

今まで通りに返済ができないと感じたら、まず原因を考えてみましょう。

 

今回だけ払えないときは、キャッシングなどで乗り切ることができますが、問題は長期的な場合です。
病気やけが、給料の減額、ボーナスカットなどで長期間支払いができない場合は、すぐに銀行に行って月々の返済額の減額、返済期間の延長などを相談しましょう。

 

そのまま放っておくと滞納となり、自分で任意売却することでできず、家を取られて競売で安く売られます。
これが1番最悪なシナリオです。

 

住宅ローンは3カ月ほど滞納すると、どうにもならなくなります。
払えないと感じた1か月目でどう動くかが重要になってきます。

 

もし、住宅ローン以外の借金がある場合は弁護士や司法書士の専門家に相談しましょう。

 

借金は減額して欲しいけど、家は残したい!

 

そんな都合の良い話があるのかと思いますが、個人再生なら出来るかもしれません。

 

借金の額が大きすぎる時は自己破産という手もありますが、家、車、一定額を超えた現金が差し押さえになります。
自己破産は最終手段なので、自分で判断せずに専門家の意見を聞いて決めましょう。

 

住宅ローン以外の借金がある場合は、どんな解決方法があるのか相談するのがオススメです。

 

 

24時間365日、いつでも無料で相談することができます。

 

 

以前は弁護士や司法書士の専門家に相談するだけでも30分5000円ほどかかりました。
これではゆっくりと相談することも出来ませんね。

 

今は弁護士や司法書士の専門家の数も増えたので、無料相談してくれる法律事務所も多くなりました。
まずは、自分の現状、解決方法、その他気になることを何でも無料相談で聞いてくださいね。

 

住宅ローン 弁護士 相談